休息

今日は日曜につき仕事はお休み。

といって、この1年以上は日曜でも仕事してました。

そのことで心に余裕がない生活に自分からしてしまっていたのだと思い、

今日は会社には行かない!

と言い聞かせてお昼からお出かけして

19時に会社に来てます・・・どうしようもない・・・わ・た・し。

 

今日は心を休める場所に行こうと考え、5年ほど行けていなかった後輩のお墓参りに行ってきました。

たった5年で景色はがらりと変わり、どこだったかとウロウロ。

記憶を辿り、ここだと思っても無い。

探しているうちに記憶が戻りだしても、確かにここのはずの場所に無い。

詰所のようなところで聞いてみると、墓じまいをされたようで・・・確か聞いたような聞いてないような・・・

理由はわかりませんので、後輩の自宅に向かうことにしたのですが家もない・・・

ウロウロしているわたしを不審そうに見ている方がおられたので勇気を出して聞いてみると、

お母様が3年ほど前に亡くなられて、お父様も追うように1年後に亡くなられ、

お父様が生前に一人息子の墓じまいをされてお母様と一緒のお寺に永代供養にされたとお聞きしました。

 

こういう話はわたしには駄目で、車に戻って涙があふれだします。

永代供養されている場所はわからないけど、後輩とお母様、お父様も同じお寺に入られたとお聞きできたので

空に向かって後輩に一緒にいれるならやっと親孝行できるな。良かったな。というだけで精一杯でした。

 

気持ちが乱れたしお花もかなりの量を買っていたので、1週間前の月命日に行ったところだけど、そのまま母のお墓に。

わたしは母を3年前に亡くしており、できる限り月命日は行っていたのですが、昨年はほぼ行けていない状況。

先祖を尊ぶはもちろん、自分の生き方を見直すという場所と元々は理解をしていたつもりでしたが

忙しい、忙しいばかりで命日と盆は事務的というか行かないとの責任で行っていただけで、

本来の墓前で手を合わせる自分への意味を置き去りにしていたせいで穏やかに過ごすことを忘れていたのかも。

墓前は自分を見つめなおす場所なんだなぁと改めて強く感じました。

 

母のお墓はわたしが3年前に建てたのですが、掃除しているときに気付いたのが、わたしの彫られた名前が少し赤い色が剥がれていて・・

すぐに量販店に行って車用のタッチアップを買ってきて塗ってました。

まだ死にたくないですからw

1年ほど前にも大切な方のお名前直しで同じことをしていたので、タイミングよく道具も車に載せたままだったし勝手はわかっており綺麗に修復。

 

少し涼しく感じてましたが墓石は日光で熱くなっていたので、母がよく食べてたガリガリ君ソーダ味を買ってきて墓前で一緒に食べながら色々話し込んできました。

 

亡くなる数日前、まだ普通に会話できたお見舞いで、預かっていたお見舞い品や手紙や色々渡したとき

『会社はうまくいく。疲れた顔ばっかり見せんといて。笑って仕事して笑顔で見舞いにきて。あんたに付いてきてくれてるひと。こうやってしてくれて、支えてくれるひとを大切にしてあげなさい。感謝しなさいよ。』

 

その言葉を覚えているのに、わかっているのに、できていなかったなぁ。

そう自分を改める場所は墓前なんだと思います。

 

現在わたしの父をはじめ、病床で苦しむ大切なひとたちに頑張れではなく

 

なんとか耐えてください。

わたしもしっかり生きて耐えてます。

 

それがなによりのお見舞いなのかもしれません。

 

 

今日はいい休日を過ごせたと思います。

メリハリですね。

 

・・・といって今から溜まった加工の前準備で袋出しとかしますけどね。

納期が遅れぎみでかなりヤバイし、なによりわたしは変態なのでw

 

 

後輩には会えなかったけど、後輩と母を想って心で出会えたことでまた心の余裕ができました。

そんな今日の空も綺麗でした。

空を眺めていると応援してくれてるふたりの声が聞こえてきそうです。

今日という日をありがとう。

 

 

@高橋