半沢直樹

先日買ってしまいました。DVDボックス。

人生で初です。DVDボックス購入なんて。

(楽天市場さんより画像お借りしています。)

無趣味な私には旅行に行ったり、買い物を楽しんだり、おいしいものを食べに行ったりと以前までは日常を楽しむことができたのですが、コロナ禍では日々のストレスの発散が全くできない。

逆にストレスと重圧が増すことばかりの1年ほどにさすがに精神的におかしくなってしまいますね。

コロナ禍で自分は大丈夫と思っているだけで私のように調整が不器用な人は多いのではないかと思います。そういう世の中に人類はあるのだとも痛感します。

時間があれば仕事をしたり、何もしていなければ色々と考え込んではしんどくなるタイプなのでエンドレスで観まくってます。

多分10回は観たかと。はい。病的です。(笑)

数多くの名言、心をぶち抜かれるようなセリフを見つけては自分に当てはめて深く考えて観ています。これからの生き方を学ぶ上でも非常に良いドラマでした。

その中ひとつ。中野渡頭取の言葉で

「物事の是非は、決断した時に決まるものでは無い。評価が定まるのは常に後になってからだ。もしかしたら間違っているかもしれない。だからこそ、今自分が正しいと信じる選択をしなければならないと私は思う。決して後悔をしない為に。」

この言葉がどかーんと胸を貫きました・・・

毎回私は自らの選択に後悔ばかりして、後悔してからそれでもと挑んでしまう。再度挑むことが後悔しないようにと自らが思っているだけで結局一手が遅い。その自らの遅さに苛立ってしまうという、決して後悔をしない為の決断ができていないタイプ。あぁ情けない。

自分に取って大切で絶対的なものであれば、どんなに踏みつけられても挑み続けることが私のポリシーであり、時間が掛かっても自分の信念や想いを貫き自分が納得できるまで挑み続ける生き方はこれからも貫く所存ですが、このセリフは強く胸に突き刺さりました。

このドラマを観ていると

実直に取り組む素晴らしさと楽しさ、そのことで自分を取り巻く人、
支えてくれる人は幸せになり、そして自分自身も幸せになる。

こう生きないと駄目だな。と改めて痛感させられます。

ホント日々勉強です。

こりゃ、このテンションならGWも会社に来てはゴソゴソしてる未来が見えます(汗)

このドラマ観てはテンションを上げて会社を絶対良くしてやると意気込む、そんな影響されやすい高橋であった。<ナレーション風(笑)>

@高橋